BLOG

エレキギターってどうなるんだろう?

 ギターの改造っていうとすごくいろいろあって、演奏スタイルに合ったものにする演奏性を上げる改造とか音をガラッと変えてしまう改造とか様々です。

主に演奏の絡んだ改造がほとんどで、その改造方法ってのはおそらくほとんど新しいものってのは出てないです。

ないってわけじゃないんだけどメインストリームになるようなもんがないっていうか…。

ギターってすごくスタンダードが好まれ続けられて、発売当時のものがマイナーチェンジしてるのもあるけど、今も形を変えずに売られてるんですな。

こんなに形を変えないってのは本当にすばらしいものだからこそなんですが、変わらないゆえの飽和状態みたいなものを時々感じてしまう時があって、楽器に触れる機会が多いだけに少し不安な気持ちになります。

僕が思うに、すごく新しいものが出た時の抵抗感みたいなのがあるんですかね?自分もそういう感覚はなくはないんですが、楽器はもっとおもしろくなってもいいとおもってます。

なんていうか、木の鳴りとかももちろんエレキギターの楽しいとこなんだけど、なんかもっとエレキってとこのおもしろい部分の進化がそういう考えですごく遅れてるんじゃないかって思います。

もちろんエフェクターなんかはすごくたくさん種類があって音のバリエーションがあるけど、楽器本体でできる新しい何かってとこの研究みたいなのをもっと考えてほしいなってメーカーさんにおもったり…(笑

新しい電化製品のカタログ見る感じで、おお!すげえ!とか言ってみたいです。

音楽は常に新しいものが出てきて、新しいジャンルがたくさんたくさん生まれてます。

なんか最近音楽番組が全然面白くないしこのままエレキギターが時代遅れの産物になってしまうんじゃないのかなんて一人でヒヤヒヤしながら最近の動向を伺ってるわけです。


別にいまのギターが嫌いって訳じゃないんだけど、もっとなんかないかなってかんがえてます。

これが本当になかなか見つからないんですね。

このエレキギター考えた人は本当にすごいです。

でもなんかまだあるはず!

まだまだ可能性はあると思ってます。

まあ自分の好きなギターで、気に入った音だせるってのが一番いいことだとおもいます。


ちょっと前に、楽器のパーツを瞬間冷凍すると音が変わるという改造方法をネットで見た時は度肝ぬかれました。


でもなんかちがうねんな〜








コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others