BLOG

ギター作ったラジオ屋さん

 これは僕が勝手に考えてることなんですけど、エレキギターがここまで楽器的に扱われるなんて考えてなかったんじゃないかなっておもうんです。

オーケストラと一緒に演奏する時なんかに音が小さいからマイクつけてアコースティックギターなんかを弾いてて、そのマイクが他の音を拾ってしまうからアコースティックギターに内蔵できるピエゾピックアップが開発されて…。なんかそんな感じだったとおもいます。

このへんまではなんか筋道があるなって思うんですが、そのままの流れでいくとすごく性能のいいアコースティックギターの音拾う何かが開発され続けるだけだったはずなんです。


でも空洞のないアコースティックではないソリッドエレキギターっていう今までとは全く新しいものができてしまった。

これってすごい偶然の産物だったんじゃないかなっておもいます。

今まではヴァイオリンの流れでアコースティックギターもそうだったんですが、木の鳴りで音だしてたものが全く無視で大きな音だせる。すごく便利なものに思えますが当時の人たちからしたら木の板きれに音を拾うマイクついたものを欲しがるとはおもえません。興味は持つでしょうが抵抗はあったと思うんです。

フェンダーって楽器を作る前はラジオの修理屋さんだったってのがまたなんともおもしろくて、そこにアンプ修理にきた人とたまたま新しいギターの開発するってことになって今のテレキャスターができたわけなんですが、このへんで楽器の今までの当たり前が吹っ飛んだんだとおもいます。

まず、ラジオ屋さんのおじさんが楽器の製作の業界に飛び込んできた。当時の楽器職人はどう思ってたのか聞いてみたい(笑

ヴァイオリン職人とかアコースティックギター職人が木の鳴りを追求してシノギを削ってる中にラジオ屋さんのおっちゃんが参入してきたわけですよ!

このことによって現在エレキギターは凄く身近なものになったと思います。

このラジオ屋のおっちゃんが楽器というものを電化製品に近くした。誰でも大きな音で演奏できて音のバリエーションも多彩な便利アイテムへと変化させました。

これは僕の想像なんですが、この時エレキギターで木の鳴りがどうこう言われるなんてラジオ屋さんは想像もしてなかったんじゃないかな。そこまで深く考えられるなんてね。そこはやはり楽器を演奏する人の楽器への追求心のすごさなんでしょう。

ネックは反ったら交換すればいいって最初は考えてたってのを知った時はびっくりしました。パーツの一つとしてネックを見ていたってのもラジオ屋さんっぽくてなんかしっくりきます。『壊れたら交換すりゃいいじゃん!』みたいな。

器用なおっちゃんの『何でもやったるで魂』みたいなものが切っ掛けだったんだろうなぁエレキギターって…。








コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others