BLOG

ギターリペアの話 第10話

 僕は専門学校入学してちょうど半年くらいの時に奇跡的に楽器屋の専属リペアマンになりました。

これは腕がよかったからとかそんなんじゃなくて、押しが強かったから雇ってもらえたって感じでした。

入学半年というと何ができる訳でもなく、店頭の楽器を磨いたり簡単なメンテをしたりということをするもんだと思ってたんですが、いきなり本番の修理でした。店側も僕が入ったことによりギターのリペアというサービスを全面的に出すといった無茶ぶり具合でした。

当時僕は学校の中では出来の悪い生徒で、スルーネックのベース製作の課題があまりにも興味がなくて、なんでこんなもん作らないといけないんだ!ってな具合でサボりまくってたなあ…。

今考えると本当にダメなやつだ…。なんてもったいないことしてたんだろう…。

そんな僕が店でリペアするってことになったもんだから先生なんかはびっくりしてました。

なんでそんな無茶なことしたんだって怒られたのを憶えてます。

入学して楽器の製作の授業受けてて、自分はリペアの勉強したいのになんで製作しなきゃいけないんだろうという疑問と葛藤の中でこのままではいけないっていう危機感だけあって、楽器のリペアを習得するにはこれしかないというのが僕の考えでした。

『ぼくは楽器修理の勉強する学校に行って楽器の修理の勉強してます!』ってのを全力で前に出してアピールしてました。高い授業料払ってるのでこのくらいはいいだろうとおもいます(笑

本当に必死で絶望的な求人情報と、この業界の狭さを知ってしまうと自分で動かないとダメだったのは間違いなくて、勝手に動きまくった結果で楽器屋に入ることができました。

周りの同級生なんかは自分はまだまだ未熟だから…みたいなことを卒業まで言ってたかな。未だに言ってる人もいる(笑

間違いなく僕よりできてる人がそんなこと言ってたら僕はどうしようもなく未熟な訳で(笑

このリペアって仕事はやるなら自分でその世界に飛び込まないと本当にできないとおもう。

それは店で働くにしても個人でやっていくにしても。自己アピールってすごく大事だと思います。

できるかできないかはそれからの話なのかなって僕はおもいます。











コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

others